世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Bruno Mathsson “Ingrid”

_DSC0126
スウェーデンの代表的な家具デザイナーの1人、Bruno Mathsson(ブルーノ・マットソン)デザインのラウンジチェア、“Ingrid”のハイバックです。日本でも天童木工社から椅子やソファを発表していますが、こちらはスウェーデンDUX社により生産された60年代のヴィンテージ。
_DSC0116
フレームはビーチ材のプライウッドで、張り地には焦げ茶の本革が使用されています。
_DSC0128
プライウッドならではの流れるような曲線がマットソンらしいデザイン。クッションに包み込まれるような快適な座り心地です。
_DSC0130
_DSC0137
ハイバックですので、背もたれに首までしっかり預けることができます。
_DSC0141
_DSC0139
短めのアームが可愛らしい印象。
_DSC0143
4本の脚はやや先細りになっており、細部まで美意識が行き届いたデザインとなっています。
_DSC0134
_DSC0145
_DSC0152
クッションの、背と座はボタン留め、
_DSC0153
アームはステッチにより、中身がずれないようになっています。
_DSC0132
_DSC0155
クッションは本革のベルトでフレームに固定されており、全て取り外し可能です。
_DSC0065
フレームの後ろ側に刻印あり。
_DSC0157
フレームの色焼けや、
_DSC0159
細かいアタリや表面的な傷があります。
_DSC0150
また、革にも小さな傷が見られますが、大きなダメージはなく、全体的にはきれいな印象です。
_DSC0135
座のクッションの座部を固定するベルトが劣化していますが、現状では固定に支障はありません。
_DSC0123
細身のフレームにより全体の横幅に対してクッション面積が広くなっており、とてもゆったりと座ることが出来ます。当時の最新の技術を積極的に用いることで実現した、実用的で美しいデザイン。手工業的なデンマーク・デザインとは違う方向性を感じる、工業国スウェーデンらしい北欧モダン家具です。

Bruno Mathsson “Ingrid”

サイズ   幅740、奥行き820、高さ950、座面高さ375
価格   売約済 ありがとうございまいした。