世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

昭和初期 栗無垢材の平机

_DSC0006
側面のチュリープ柄の透かし彫りが可愛らしい、戦前の平机です。栗と思われる無垢材使用。
_DSC0002
_DSC0033
シンプルですっきりとしたフォルムです。
_DSC0010
天板は使い込まれて味わいのある風合いに。
_DSC0008
_DSC0013
_DSC0023
はっきりとした木目もいい表情。
_DSC0015
ロマンチックな雰囲気の装飾に、昭和初期頃の家具らしさが感じられます。
_DSC0031
オリジナルの物ではありませんが、六角形のガラス製の取手もこの家具の雰囲気によく合っているように思います。
_DSC0026
_DSC0022
天板にスレやアタリ、染み、ルレット跡が見られます。洋裁用の机として使われていたのでしょう。
_DSC0017
また、側面にフックや画鋲の跡があり、
_DSC0025
オリジナルの取手のビス跡や、
_DSC0029
引き出し底板の染み、側板の欠けなども見られます。
_DSC0019
また、乾燥により天板が若干反ってます。
20151226_DSC0030
天板と天板下の横材の中心が少し下がっており、引出しとの間に若干の隙間が生じていますが、出し入れには支障なくスムーズです。また少し左右に揺れる状態です。
_DSC0004
やや状態が荒れていますので、少しお安めに。古いものならではの表情や質感がお好きな方におすすめです。

昭和初期 栗無垢材の平机

サイズ   幅875、奥行き600、高さ755
価格   売約済 ありがとうございました。