世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

昭和初期 桜材ガラス開き戸書庫

glass_cabi001
桜の無垢材が使用された、ガラス開き戸の書庫です。昭和初期に作られた物。
glass_cabi002
3面ガラスで、中が明るい印象です。
glass_cabi003
棚板は4枚。高さ調節はできない構造となっています。
glass_cabi004
glass_cabi005
glass_cabi006
glass_cabi007
扉下の、波打つような曲線がきれいなデザイン。
glass_cabi010
ガラスは全て面取りで、一般的な家具というよりも、やや高級品として作られた物であることが伺えます。
glass_cabi009
下りの取手もとても良い雰囲気。鍵は付属しませんので、ご了承ください。
glass_cabi011
glass_cabi012
glass_cabi017
_DSC0150
_DSC0148
_DSC0152
_DSC0153
天板に傷が数カ所あり、
glass_cabi018
向かって右扉のガラスの傷、
glass_cabi019
フレームに若干の塗装ムラが見られますが、大きな傷みはありません。
glass_cabi020
また、扉を閉めた際、上部に若干の隙間が生じますが、キャッチは効いていますので勝手に開いてしまうようなことはありません。
glass_cabi021
天板の面取りや扉下の曲線など、さりげなく取り入れられたクラシカルな装飾が戦前の洋家具らしい雰囲気です。全体的にはシンプルな印象ですので、現代のインテリアにもすんなり溶け込んでくれそうです。

昭和初期 桜材ガラス開き戸書庫

サイズ   サイズ 幅985、奥行き340、高さ1,275
価格   売約済み ありがとうございました。