世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

ゆらゆらガラスの白いケビント

_DSC0003
気泡や歪みのある古いガラスの表情が魅力的な、白くペイントされた角張ったデザインのケビント(医療棚)です。昭和の初め頃のものでしょう。比較的幅が広めなサイズ感。
_DSC0008_edited-1
4面ガラスで、光が良く通り中に入れた物をきれいに見せてくれます。引き出しが無く、扉面が大きいのも古い時代のケビントに特徴的なバランスです。
_DSC0011
扉は両開き戸。
_DSC0043
裏面は桟のない1面の大きなガラス使用で、開放感があります。
_DSC0025
_DSC0028
_DSC0026
_DSC0030
_DSC0032
何度か塗り直されてはまた剥がれて、ペンキが味わい深い質感になっています。
_DSC0013
取り外し可能な木製の棚板3枚付き。ややたわんでいますので、重いものをたくさん置かないほうが良いかもしれません。もっと厚みのある材で棚板を作り直していただければ、食器棚としてもお使いいただくのもいいと思います。
_DSC0015
_DSC0019
左側の扉の上下にある落とし金具は効かない状態ですが、
_DSC0020
右側の扉に回転式の鍵が付いており、勝手に開くことはありません。
_DSC0023
下がりタイプの取手も凝ったデザイン。
_DSC0040
閉めた際に右側の扉の上部に少し隙間が空く状態ですが、開閉に支障はありません。
_DSC0021
木部の欠けや、
_DSC0017
ガラスを抑えているパテが落ちている箇所があります。
_DSC0034
また、ペンキの剥げや、
_DSC0016
内側の底に表面的なクラックがありますが、大きなダメージはなく、構造的にもしっかりしています。
_DSC0006
こういったスタイルの戦前のケビントもなかなか見かけなくなりました。すっきりした佇まいが美しく、存在感も抜群。店舗什器にもおすすめです。

ゆらゆらガラスの白いケビント

サイズ   幅1,050、奥行き475、高さ1,565
価格   売約済み ありがとうございました。