世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Kai Kristiansen チーク材チェア

_DSC0078
ミッドセンチュリー期に活躍したデンマークのKai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)にってデザインされた、同国のKorup Stolefabrik社製のダイニングチェアです。60年代のヴィンテージ。フレームはチーク無垢材、張り地は張替済みです。
_DSC0084
後ろ姿もとてもきれい。日本ではなかなか見かけないモデルだと思います。
_DSC0076
ハイバックの背もたれはやや先細りで、
_DSC0080
人体に沿ってやや後傾しています。座面の奥行の割には前脚と後ろ脚の感覚がやや狭い印象で、横から見ると全体のバランスの良さがよくわかります。
_DSC0087
_DSC0092
背と座とも緩やかな曲面になっており、気持ち良い座り心地に。
_DSC0090
_DSC0097
_DSC0100
背もたれよりも少し上まで伸びた角のような両脇の材や、
_DSC0102
前脚と後脚とつなぐ側面の有機的な形状など、細部のディテール見所が多いデザインとなっています。
_DSC0106
接合部はフィンガージョイントで組まれており、丁寧な仕事ぶりが伺えます。
_DSC0111
_DSC0095
張り地はさらっとした感触の、若芽色のコットンリネンのファブリック。
_DSC0112
_DSC0113
_DSC0109
フレームに小キズや細かい打ち込みがあり、
_DSC0108
接合部に少し隙間が生じていますが、構造的な影響はなく緩みやぐらつきはありません。
_DSC0083
何かの動物のようにも見えるオーガニックな曲線がすばらしい、とてもきれいなプロポーションの椅子です。

Kai Kristiansen チーク材チェア

サイズ   幅470、奥行き530、高さ987、座面高さ460
価格   ¥37,500 (税込み)