世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

天童木工 “ANTLER”チェア 坂倉準三

_DSC0037
1966年に坂倉準三建築研究所により発表された、天童木工社製の“ANTLER”チェアです。こちらは現行品にないチーク材仕上げの仕様。イタリア製のコットン×リネンのファブリックで張替え済みです。
_DSC0045
名前の通り、鹿の枝角を連想させるフレームの造形が特徴的。
_DSC0040
_DSC0047
_DSC0053
シートはプライウッドで成形されており、体に心地よいカーブと広めの座面となっています。
_DSC0051
フレームとシェルの曲線が交差しあう、天童木工の高い成形技術が存分に活かされたとてもきれいなデザイン。
_DSC0055
浮いたように取り付けられたシートにより、立体的なビジュアルになっています。
_DSC0058
_DSC0062
後ろ脚とアームの接合部には、「コマ入れ」と呼ばれる強度と視覚的なアクセントの両面を兼ね備えた天童木工ならではのディテールが見られます。中心の3角形もチーク材仕上げ。
_DSC0073
後ろにも短く伸びたアームが安楽性を高めています。
_DSC0067
モダンで滑らかなラインとの相性が良い、さらりとして洗練された質感のファブリック。
_DSC0064
_DSC0069
前脚に小さな突き板の剥がれや打ち込みがありますが、大きなダメージはなく構造的もしっかりしています。
_DSC0049
発表から半世紀を経ても色褪せないデザイン。ジャパニーズモダンを代表する椅子の一つといえる名作です。

天童木工 “ANTLER”チェア 坂倉準三

サイズ   幅580、奥行き610、高さ840、座面高さ420
価格   売約済 ありがとうございました。