世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

旭川HOCK ナラ材キャビネット

_DSC0003
真鍮の金具が印象的な、北海道旭川の家具メーカーCONDE HOUSEの旧ブランド、HOCK(ホック)のキャビネットです。80年代頃に制作されていたモデル。ほぼすべての部分にナラの無垢材が使用されています。
_DSC0040
開き戸と引き出し4杯の構成。
_DSC0008_edited-1
_DSC0027_edited-1
扉も無垢材で、上下にはアクセント的に横使いの材が取り付けられており、視覚的なアクセントにもなっています。
_DSC0010_edited-1
_DSC0012
扉内には7段階にたさ調整可能な棚板1枚付き。内部も綺麗に塗装仕上げされています。
_DSC0016
_DSC0033
一般的には安い材を使用することが多い、引き出しの側板もナラの無垢材というとても贅沢な素材使い。
_DSC0031
組み継ぎや、
_DSC0023
留め継ぎなど、無垢材ならではの仕口が見られます。
_DSC0020
外付けの蝶番、
_DSC0029
下り取手共に表面とフラットの仕上げとなっており、こういった部分にも技術の高さが垣間見えます。
_DSC0043
天板にはオーク材特有の「虎斑」がきれいに現れています。
_DSC0046
背面は突き板仕上げ。
_DSC0048
_DSC0025
天板に小さなアタリが見られ、
_DSC0035
引き出しの前板に若干の染みやムラがあり、
_DSC0013
内部の棚板に薄っすら染みが見られます。
_DSC0037
また、金具に若干の変色がありますが、大きなダメージはなく全体的にきれいな状態です。
_DSC0006
和箪笥を現代的に解釈し直したデザイン、といった印象の、上質な材と高い技術の職人による大変作りの良い家具。落ち着いた大人っぽい空間や、和モダンな空間がよく似合いそうです。

旭川HOCK ナラ材キャビネット

サイズ   幅850、奥行き395、高さ780
価格   売約済み ありがとうございました。