世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Niels Koefoed “Liz” チークチェア

_DSC0007
デンマークKoefoed Hornslet社製、Niels Koefoed(ニルス・コエフォード)がデザインしたチーク材のハイバックダイニングチェア、“Liz”です。自身の3人の娘の名前から名付けられた、“Eva”・“Liz”・“Ingrid”の3部作のうちの一つで、60年代のヴィンテージ。座面は黒の合皮で張替え済みです。
_DSC0009
4本の横貫が並ぶ、ラダーバックのデザインが特徴的。
_DSC0013
笠木の緩やかなアーチ、背貫のきれいなシェイプ、後ろ脚の下に向かって広がるラインなど、有機的な曲線美が目を引きます。
_DSC0011
真横から見た背から後ろ脚にかけてのラインもとてもきれい。この部分にのみ、プライウッドが使用されています。
_DSC0019
_DSC0017
_DSC0025
座ると、ハイバックの背もたれが肩までしっかりと支えてくれます。
_DSC0029
座面の奥行きは比較的コンパクト。
_DSC0027
_DSC0031
_DSC0033
_DSC0038
_DSC0036
座面後ろの材も背の横貫に共通する曲線を描いており、
_DSC0043
前後の脚をつなぐ横材はサイドが平らに削られているなど、細部までしっかり丁寧にデザインされ、作られています。
_DSC0046
張り地には、ヴィンテージ家具と相性の良い、キメの細かい表情の合皮を使用しています。
_DSC0053
_DSC0054
_DSC0051
_DSC0056
フレームに細かいアタリやスレが見られますが、大きなダメージはなく全体的に良好な状態。
_DSC0015
繊細なラインがとても美しく、どの角度からもそれぞれにきれいな姿を見せてくれます。座面を張り替える前の在庫も2脚ありますので、張り地のオーダーも可能。ご希望の方はご相談ください。

Niels Koefoed “Liz” チークチェア

サイズ   幅475、奥行き545、高さ955、座面高さ450
価格   ¥43,500 (税込み) 在庫2 未張替2