世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

桜材フレームの応接椅子

_DSC0076
フレームに桜の無垢材が使用されたアーム付き応接椅子です。昭和20年代。
_DSC0080
背、座共にコイルスプリング入りの構造で、当時の家具職人、椅子張り職人が1点1点時間をかけて作り込んだ椅子です。
_DSC0081
直線的な構成は、当時の欧米で盛んになり始めていた「モダン・デザイン」という概念の影響を感じさせます。
_DSC0079
弾力があり柔らかなクッション性ですが、身体が沈み過ぎる事なく、座り心地は悪くありません。
_DSC0083
_DSC0086
赤に近い、柔らかな色味のモケット地は当時のオリジナル。
_DSC0090
アーム下側は面取されており脚は先細りにデザインされ、全体の印象をスリムに見せるための工夫が見られます。
_DSC0096
_DSC0092
_DSC0089
木部の色ムラや小キズ、
_DSC0094
_DSC0097
_DSC0087
張り地の細かい傷みなどが見られます。
_DSC0101
_DSC0103
_DSC0104
もう1点の方にも色ムラや、
_DSC0099
_DSC0100
中のコイルが少し表面に出ていますが、2脚とも大きなダメージやグラ付きはありません。
_DSC0078
背のボタン留めが愛らしい印象。レトロな空間演出にいかがでしょうか。

桜材フレームの応接椅子

サイズ   幅580、奥行き720、 高さ800、座面高さ350
価格   売約済 ありがとうございました。