世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

天童木工 “ANTLER” 坂倉準三

_DSC0140
1966年に発表された、坂倉準三建築研究所デザイン、天童木工社製の“ANTLER”チェアです。アーム付きのものはオーク材で、アームレスのものは現行品にないチーク材仕上げ。どちらもシート張り地は、オリジナルのオフホワイトの合皮です。
_DSC0143
フレームとシェルの曲線が交差しあう、天童木工の高いプライウッド加工技術が存分に活かされたとてもきれいなデザイン。
_DSC0138
_DSC0146
_DSC0159
_DSC0160
名の通り、鹿の枝角を思わせるフレームの形状が特徴的です。
_DSC0161
シートはプライウッドで成形されており、体に心地よいカーブと広めの座面となっています。
_DSC0167
浮いたように取り付けられたシートにより、軽快なビジュアルに。
_DSC0163
_DSC0171
_DSC0169
「コマ入れ」と呼ばれる天童木工独自の技術により、高い強度を実現したフレーム構造。視覚的なポイントとしても機能しています。
_DSC0177
なめらかな曲線に似合う、マットな質感の合皮。お手入れが楽ですので、ダイニングチェアとしてもおすすめ。
_DSC0148
アームレスチェアには天童木工のシールが残っています。
_DSC0182
どうちらもフレームに細かいシミやアタリが見られます。
_DSC0180
アームチェアの張り地にはやや使用感や小傷がありますが、大きなダメージはなく、構造的にもしっかりしています。
_DSC0141
ジャパニーズモダンデザインを代表するロングライフデザイン・プロダクト。自然界がモチーフの有機的なデザインは、発表から半世紀を経た現在でも新鮮な印象を受けます。

天童木工 “ANTLER” 坂倉準三

サイズ   アーム付き 幅580、奥行き610、高さ840、座面高さ420 在庫2脚
価格   売約済 ありがとうございました。