世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

秋田木工 ブナ材曲木1人掛けソファ

_DSC0014_edited-1
ブナ無垢材の曲木による曲線的な脚のフォルムが印象的な、秋田木工の1人掛けソファです。50〜60年代頃のヴィンテージ。
_DSC0018
曲木の脚は畳ずりとしても機能し、和室に置かれることも想定してデザインされたものと思われます。
_DSC0016
床に接する部分にRがつけられており、座面後ろ側に支えはなく、浮遊感のある独特な印象となっています。
_DSC0004
座面を前方で支える横材はサイドが欠き込まれたデザイン。北欧の椅子などにもよく見かけるディテールで、ここにも軽快な印象を演出するための工夫が見られます。
_DSC0020
_DSC0023
_DSC0033
_DSC0028
座面クッションにはスプリング入りで、弾力のある座り心地。
_DSC0036
無垢材削り出しのアームは身体の曲線にフィットしたラインになっており、肘を心地よくのせられます。
_DSC0041
_DSC0031
背もたれとの接合部のマイナスのボルトもいいアクセントとなっています。
_DSC0043
きれいな曲線に「日本で唯一の曲げ木家具専門メーカー」である秋田木工の技術力の高さを感じます。
_DSC0038
カーキを基調とした、茶、オレンジ、緑の入ったストライプ柄のファブリックもファブリックはオリジナルのもの。やや色焼けしている印象ですが、この時代のものにしては良好な状態が保たれていると思います。
_DSC0046
1脚に秋田木工のシールが残っています。
_DSC0025
2脚ともアームに細かい傷が多く見られ、
_DSC0039
座面が若干形崩れしています。
_DSC0042
角が少し破れており、
_DSC0047
座面裏の生地にも裂けている箇所が見られますが、大きなダメージはなく構造的にもしっかりしています。
_DSC0005
あまり見かけることのない、珍しい秋田木工のヴィンテージソファ。レトロなファブリックもなかなかいい雰囲気です。デザイナーなどは不明ですが、かなり完成度の高いデザインだと思います。

秋田木工 ブナ材曲木1人掛けソファ

サイズ   幅665、奥行き745、高さ710、座面高さ370
価格   ¥32,500 (税込み) 在庫2点