世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

チーク材 ガラス重ね戸棚

_DSC00991
側面の円形なパーツが特徴的な、チーク材使用のガラス戸キャビネットです。昭和40年代頃の日本製。
_DSC0069
デザインの共通しているユニット3点が円形のパーツで連結して重なる構造です。
_DSC0067
ぞれぞれ単独で使用したり、2段+1段のレイアウトでもお使い頂けます。
_DSC0083
_DSC0086
重ねると、それぞれの間のスペースも棚として機能します。
_DSC0085
直線と正円形の組み合わせがモダン。脚部が可愛らしい表情を見せています。
_DSC0095
取り外しも可能な円形のパーツは、ジョイントの機能を果たしながら視覚的なポイントにも。色味のコントラストが効果的です。
_DSC0076
接合部にはほぞと溝が作られていますので、しっかりと重なります。
_DSC0093
ガラス戸にはプラスチック製のレールが付いており、スムーズにスライドします。 横板は中央が少し下がっているようですが、扉の開閉には影響ありません。
_DSC0073
細いスレがあり、
_DSC0071
大きなシミが1箇所あります。こちらは最上段にすることで見えなくなると思います。
_DSC0072
他にも塗装の色ムラや、
_DSC0091
_DSC0089
突き板の小さな剥がれや欠けが見られますが、大きなダメージはなく構造的にもしっかりしています。
_DSC0078_edited-1
シンプルなフォルムですが、クローズな部分とオープンな部分が交互に現れる構成とユニークなデザインが新鮮な印象。「モダンデザイン」の概念が一般的な家具にまで浸透した時代の面白さが感じられます。

チーク材 ガラス重ね戸棚

サイズ   幅900、奥行き295、高さ1,875
各段高さ 600(円形パーツを含まず)
価格   売約済 ありがとうございました。