世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Royal Copenhagen “BLUE LINE”

_DSC0464_3
デンマークRoyal Copenhagen社のFAJANCEライン、Grethe Meyer(グレーテ・マイヤー)デザイン“BLUE LINE”のカップ&ソーサーです。1965年に発表され2011年に製造が中止されましたが、廃番になった今でも人気のシリーズです。
_DSC0468_2のコピー
シンプルで飾り気のない、品のある佇まい。
_DSC0007
カップの縁は、名前の由来となる1本の青いラインでさりげなく装飾されています。
_DSC0475_2のコピー
FAJANCEは、比較的低温で長い時間をかけて焼き上げる陶器のライン。BACCAやTENERAもFAJANCEのシリーズで、時期に近い強度がありながら、土の質感もしっかり感じられるのが特徴です。
_DSC0476_2のコピー
わずかに付けられた高台や、
_DSC0479_2
カップ本体とバランスのとれた持ち手など、シンプルな中にあって細部の美しさが光るフォルム。
_DSC0031_edited-1
1本のみ描かれた細いラインですが、豊かなニュアンスを与え、他にはない個性となっています。
_DSC0491_2
_DSC0493_2
_DSC0495_2_edited-1
_DSC0503_2
_DSC0508_2のコピー
2客ともほとんど使用感のない、たいへんきれいな状態。
_DSC0460_2
磁器よりも柔らかみのある表情ですが、一般的な陶器に比べると端正で心地よい緊張感があります。素材の特性を十分に活かした素晴らしいデザインだと思います。

Royal Copenhagen “BLUE LINE”

サイズ   カップ 幅123、奥行き96、高さ55
ソーサー 直径150、高さ15
価格   売約済 ありがとうございました。