世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

飛騨産業 曲木のスポークチェア

_DSC0079
笠木に曲木が使用された、飛騨産業のブナ材スポークチェアです。70年代頃のヴィンテージ。座面はベージュのファブリックで張替えています。
_DSC0081
_DSC00841
デンマークのデザイナー、Helge Sibastの椅子などにも見られる、背のスピンドルが後ろ脚を繋ぐ横材まで伸びたデザインが特徴的。床に向けて内側に入るバランスも独特です。
_DSC0086
アーム先端から伸びる後ろ脚もSibastの椅子に共通した構造で、かなり意識したデザインと言えるでしょう。
_DSC0088
半円形を描く笠木は座ると体が包まれ、ちょっとした肘掛けにもなっています。
_DSC0092
座面下地はプライウッドで人体に合った曲面を描き、気持ち良い座り心地に。内部ウレタンも新規交換済みです。
_DSC0090
_DSC0094
前脚と後ろ脚を繋ぐ横貫は斜めに配置され、背のスピンドルとの視覚的な関連性を意識しているように思われます。
_DSC0103
_DSC0101
_DSC0111
張り地はウール混のファブリック。フレームの落ち着いた色合いとのコントラストがいい雰囲気だと思います。
_DSC0098
_DSC0105
笠木に光の加減による塗装のムラが見られ、
_DSC0109
アーム先や、
_DSC0108
脚に小キズがありますが、大きなダメージはなく構造的にもしっかりしています。
_DSC0083
交差しあうラインがとても良い佇まいな椅子です。小振りなサイズ感で、ほっと一息つけるリラックスの時間にどうぞ。張替え前の在庫が2脚ありますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

飛騨産業 曲木のスポークチェア

サイズ   幅510、奥行き535、高さ600、座面高さ420
価格   ¥18,500 (税込み) 在庫1、未張替2