世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Ercol サービスキャビネット

DSC_0346
1920年代創立のイギリスの家具メーカー、Ercol社のビューローキャビネットです。70年代頃のヴィンテージ。主材にはエルム(楡)の無垢材が贅沢に使用されています。現地では“Drink Cabinet”と紹介されており、食器や飲み物など、キッチン周りのものを入れてサービスするためにデザインされたもののようです。
DSC_0350
プラップ扉、開き戸、大きな引き出し1杯による構成。オリジナルのキャスター付きで、スムーズに動作します。
DSC_0356
DSC_0351
DSC_0358
DSC_0354
キャスターの淡いブラウンにもイギリスのヴィンテージ家具らしさを感じます。
DSC_0360
上部のフラップ扉はビューローのようにお使いいただくことも可能。左右に2段階に高さ調整可能な棚板が1枚ずつ付属します。
DSC_0370
開き戸内は3段階に高さ調節可能な棚板が1枚。その下には広い引き出しが1杯付いています。
DSC_0367
棚板は小口が斜めにカットされ、
DSC_0385
扉の前板は外箱よりも少し膨らんだ仕上がりに。
DSC_0381
シャープさと柔らかさ、両方が感じられるErcolらしいディテールが素晴らしいと思います。
DSC_0380
ベースを楕円に少し彫り込んだ上に曲面に削り出された取っ手が取り付けられています。こういった部分もかなり凝った作り。
DSC_0383
天板と側板は組み継ぎで接合され、全体に非常に丁寧に作られています。
DSC_0392
エルム材の、欅にも似た水紋のような流れる木目がきれいにあらわれており、自然な艶や経年による飴色もとてもいい雰囲気。
DSC_0371
DSC_0402
天板に少しスレが見られ、
DSC_0389
向かって右上の後ろ角に補修跡、
DSC_0390
右下の後ろ角に打ち込みがあります。
DSC_0394
キャスターに塗装の剥がれが見られますが、いずれも表面的なもので大きなダメージはありません。
DSC_0348
優しい表情の意匠と荒々しい木目のバランスが絶妙で、シャープすぎない、イギリスカントリー家具的な素朴さを残した洗練されたデザイン性はErcolならでは。食器棚、本棚、衣類棚など、いろいろな用途で活躍してくれそうです。

Ercol サービスキャビネット

サイズ   幅830、奥行き440、高さ1,100
価格   売約済 ありがとうございました。