世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

スリムなチーク材開き戸棚

DSC_0292
横幅がスリムなサイズ感の、チーク材のスリムなキャビネットが入荷しました。70年代の日本を代表するモダン家具の工房、日田工芸社製。
DSC_0295
ガラス開き戸、引き出し1杯、木製開き戸の構成です。上下は別れておらず、1体の構造です。
DSC_0299
ガラス戸内に4枚、木製戸内に1枚の高さ調節可能な棚板が付属しています。
DSC_0314
日田工芸社はチーク材を使用したモダン家具を得意としており、70〜80年代当時には大手百貨店で北欧家具と並べて展示販売されていたようです。
DSC_0318
DSC_0320
DSC_0301
上段は14段階、
DSC_0304
下部は5段階に高さ調整可能。内部もチーク材できれいに仕上がっています。
DSC_0327
引き出しの出し入れもスムーズ。
DSC_0322
直線と1/4円がきれいにつながる、内側が45°にカットされた扉枠が特徴的なデザインです。
DSC_0340
DSC_0307
DSC_0328
引き出しの取っ手は、楕円形に彫り込まれた中に縦長のパーツを取り付けた手の込んだ作り。
DSC_0343
開き戸は扉の枠の彫り込みが持ち手になっており、すっきりした印象になっています。
DSC_0341
ガラスは面取りで、光をよりきれいに反射します。
DSC_0338
DSC_0310
側板や内部に少し色焼けが見られ、
DSC_0337
天板の向かって左側面に補修跡があります。
DSC_0325
また、扉の枠に小さな打ち込みなども見られますが、大きなダメージはなく全体的にきれいな印象です。
DSC_0297
シンプルモダンなデザインでありながら、丁寧に仕上げられたディテールが随所に見られるとても上質な作りのキャビネット。空間の有効活用にいかがでしょうか。

スリムなチーク材開き戸棚

サイズ   幅420、奥行き445、高さ1,835
価格   ¥36,500 (税込み)