世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

天童木工 “ANTLER” 坂倉準三

DSC_0053
坂倉準三建築研究所デザイン、天童木工社製の“ANTLER”チェアです。オーク材の突き板仕上げ。1960年代に発表され、現在も生産され続けているジャパニーズモダンデザインの名作の1つです。
DSC_0059
フレームとシェルの曲線が交差しあう、天童木工の高いプライウッド成形技術が存分に活かされたとてもきれいなデザイン。
DSC_0051
DSC_0056
名の通り、鹿の枝角を思わせるフレームのラインが特徴的です。
DSC_0063
DSC_0065
体に心地よい3次曲面のシェルも天童木工ならでは。広めでややゆったりしたサイズ感となっています。
DSC_0067
DSC_0070
後ろ脚とアームの接合部には「コマ入れ」と呼ばれる、強度を増し視覚的なアクセントともなっている天童木工ならではのディテールが見られます。
DSC_0073
DSC_0076
短く後ろに伸びたアームも、安楽性を高めてくれます。
DSC_0082
張り地はマットな質感の合皮。やはりなめらかな曲線を描くこの椅子には白の合皮が一番よく似合うと思います。
DSC_0084
DSC_0071
フレームにシミやアタリが見られ、
DSC_0072
脚先に少し色焼けがあります。
DSC_0083
張り地にはやや使用感や小傷が見られますが、大きなダメージはなく、構造的にもしっかりしています。
DSC_0061
自然界からインスピレーションを受けた有機的なシルエットは、発表から半世紀を経った今でも新鮮に感じるモダンデザイン。1脚だけでも絵になる椅子です。

天童木工 “ANTLER” 坂倉準三

サイズ   幅575、奥行き630、高さ830、座面高さ430
価格   ¥21,500 (税込み)