世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

桜無垢材 ガラス引戸重ね書庫

DSC_0952のコピー2
桜無垢材が使用された、6段ガラス引戸の2つ重ね書庫です。昭和20年代頃のものでしょう。シンプルなデザインとスリムなサイズ感で、すっきりとした印象です。
DSC_0890のコピー2
下段天板にはホゾがありますがきれいに仕上げられていますので、2段に分けてもお使い頂けます。
DSC_0901のコピー
DSC_0904のコピー2
DSC_0906のコピー
下段の1段目は縦2枚の仕切りが作られており、背板が抜かれたデザイン。
DSC_0913のコピー
ビジュアル的なアクセントにもなっています。
DSC_0936
DSC_0909
DSC_0956
下段は天板と側板が組み継ぎされており、細部まで丁寧に作られています。ほぞがあることによって、上段がずれてしまう事はありません。
DSC_0908
ガラス戸はこちらの小振りな船堀の引き手がオリジナルのものと思われますが、

DSC_0238のコピー
小振りでフロスト加工されたものと、
DSC_0928のコピー
少し大きいタイプのものも見られます。おそらく後から作成されたものでしょう。
DSC_09472
DSC_0919
DSC_0940のコピー
小キズやスレ、

DSC_0926のコピー
小さな補修跡などがあります。
DSC_0955
上段の背側の横材は乾燥により若干反って両端に少し隙間が生じており、
DSC_0946
ガラス戸に小さなチップとスレが見られますが、目立つ大きなダメージはありません。
DSC_0954
両側板接合部にやや隙が生じていますが、使用や構造には支障のない程度です。
DSC_08981
ガラスの透き通った雰囲気と落ち着いた色味の木部がいいバランスで、中に入れた物をきれいに見せてくれます。しっかりとした作りですので、食器棚などにもいいでしょう。

桜無垢材 ガラス引戸重ね書庫

サイズ   幅695、奥行き298、高さ1,857
各段高さ270
価格   売約済 ありがとうございました。