世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

飛騨産業 曲木スポークチェア

_DSC0435_2
大正9年創業の以来、飛騨高山で上質な家具を作り続けている、飛騨産業社製のブナ材スポークチェアです。 昭和20〜30年代頃のヴィンテージ。座面は張替済みです。
_DSC0442_edited-1
_DSC0440
笠木にはプライウッドではなく無垢材の曲木が使用されており、アーム先端から伸びる後ろ脚や、背のスピンドルが後ろ脚を繋ぐ横材まで伸びたデザインが特徴的。
_DSC0445
北欧の椅子をベースにリ・デザインした、ジャバニーズモダンなデザインです。
_DSC0452
ぐるっと弧を描いた曲げ木の笠木は座ると体が包まれ、両端はちょっとした肘掛けとしても機能します。
_DSC0456_edited-1
座面はプライウッドで人体に合った曲面を描き、良好な座り心地。内部ウレタンも新規交換済みです。
_DSC0454
_DSC0457
前脚と後ろ脚を繋ぐ横貫は斜めに配置され、背のスピンドルとの視覚的な関連性を意識しているように思われます。
_DSC0459
_DSC0468
_DSC0469
張り地は明るいベージュ色のウール混ファブリック。フレームの落ち着いた色合いとのコントラストがいい雰囲気だと思います。
_DSC0461
昭和27年から44年まで使用されていた、古いタイプのキツツキマークが残っています。
_DSC0470_edited-1
アーム先や、
_DSC0477
_DSC0481
笠木に打ち込みやキズが見られ、
_DSC0473
_DSC0471
脚にも小キズがありますが、大きなダメージはなく構造的にもしっかりしています。
_DSC0450
全体の高さは低めで抜け感がありますので、圧迫感は抑えられている印象。一般的なダイニングチェアと同じ座面高さですが、安楽性が高く、よりゆったりした時間を過ごせそうです。

飛騨産業 曲木スポークチェア

サイズ   幅510、奥行き540、高さ665、座面高さ420
価格   売約済 ありがとうございました。