世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Rosenthal “Variation” ポットS&C

DSC_00821
ドイツの磁器メーカーRosenthal(ローゼンタール)社製、1962年から1979年にかけて製作されていた“Variation”シリーズ、ティーポットとシュガーポット&クリーマーの3点セットです。

DSC_0086のコピー
デザインはiittalaなどでも多くの名作を生み出したフィンランドデザイン界の最重要デザイナー、Tapio Wirkkala(タピオ・ウィルカラ)によるもの。
DSC_0092_edited-1
真っ白な磁器に雪の結晶のような模様が金彩で描かれており、
_DSC0004_edited-2
シリーズに共通するランダムに配置された縦の立体的なラインが特徴的。カップとも共通したやや小さめの高台がいいバランスで、薄く繊細な磁器のイメージと調和している印象です。
DSC_0097
DSC_0094_2
持ち手のラインもきれい。持ちやすく、機能面にもしっかり配慮されています。
DSC_0101_edited-1
使用感はなく、とてもきれいな状態です。
DSC_0103
DSC_0106
DSC_0123
シュガーポットにも高くて小さな高台が見られます。
0134
こちらもティーポットと同様に、蓋に金彩による模様が見られます。
DSC_0108のコピーのコピー
ミルクピッチャーにも縦のラインが入っており、
DSC_0111
垂直にカットされた口は全体の縦のラインを意識したようなデザインに。
DSC_0115
_DSC0018
こちらも使用感はなく、とてもきれいな状態。
_DSC0016
白く薄い磁器と金彩による細かい図柄が繊細なイメージ。色数を抑えたシンプルなテーブルコーディネートが似合いそうな、大人っぽいセットです。

DSC_0003
セットで揃えると個々の美しさが更に引き立ちます。よろしければ他の商品もご覧ください。

Rosenthal “Variation” ポットS&C

サイズ   ティーポット 幅230、奥行き130、高さ115
シュガーポット 直径130、高さ73
クリーマー 幅90、奥行き60、高さ80


価格   売約済 ありがとうございました。