世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

桜材×ガラス天板 サイドテーブル

_DSC0216 (1)
フレーム部分に桜無垢材が使用された、ガラス天板のサイドテーブルです。昭和20〜30年代頃。
_DSC0218
_DSC0222_edited-1
ガラス天板と四方が空いた開放的なデザインで、抜け感があり軽やかな印象です。
_DSC0224
風合いを増した桜材との組み合わせもいい雰囲気。
_DSC0230
天板よりせり上がっている縁や、
_DSC0227
斜めに開いた先細りのスリムな脚もいいアクセント。
_DSC0235
ガラスを止める金具も付属していますので、天板がずれる心配はありません。
_DSC0248
ガラスに細かなスレや、
_DSC0260
_DSC0244
フレームに細かなスレや打ち込み、
_DSC0251
_DSC0254
_DSC0264
色ムラなどが見られますが、大きなダメージや構造的な問題はありません。

_DSC0221_edited-1
水平と斜めのラインの組み合わせがいいバランス。大きさも手ごろで、空間のちょっとしたアクセントとしても機能してくれそうです。天板下に表紙のきれいな本などをディスプレイしてみるのもいいですね。

桜材×ガラス天板 サイドテーブル

サイズ   幅640、奥行き380、高さ470
価格   売約済 ありがとうございました。