世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

秋田木工 ブナ材スポークチェア

_DSC0338
秋田木工社のヴィンテージスポークチェアです。昭和40年代頃のものでしょう。フレームはブナの無垢材使用で、座面は明るい黄緑色のファブリックで張替済み。
_DSC0341_
あまり見かけない、やや珍しいモデルです。
_DSC0346
1950年代から60年代にかけての秋田木工は、剣持勇によるスタッキングスツールなど日本人デザイナーよるプロダクトをいくつか発表していました。こちらの椅子は社内デザイナーの手によるものかもしれませんが、機能とフォルムが一体となった、とてもいいモダンデザインだと思います。
_DSC0344
アームと笠木は1本の木を曲げて作られており、
_DSC0354
放射状に伸びたスピンドルも印象的。
_DSC0356
_DSC0373
美しく弧を描く曲線に「日本で唯一の曲げ木家具専門メーカー」である秋田木工の技術力の高さを感じます。
_DSC0367
_DSC0365
上に広がる上部と、
_DSC0363
逆に八の字に広がる脚がいいバランス。座面の下側や脚の付け根は斜めにカットされ、軽さを印象付けています。
_DSC0361
座面は正円形で、笠木も正円を描いており、統一感のあるフレームもこの椅子の個性となっています。
_DSC0375
張り地はウール混のファブリック。ナチュラルな印象のブナ材に合わせて明るめの色味を選びました。
_DSC0387
_DSC0377
_DSC0389
フレームや脚に打ち込みや小さな傷が見られますが、大きなダメージやぐらつきなどの構造的な問題はありません。
_DSC0350
モダンでスタイリッシュでありながら秋田木工社ならではのクラフトマンシップも感じさせます。やや低めの座面高さとゆったりしたアーム周りで、ラウンジチェア的な使い方が良さそう。あまり知られていないのが不思議なくらい、しっかりデザインされたとてもいい椅子です。

秋田木工 ブナ材スポークチェア

サイズ   幅700、奥行き620、高さ720、座面高さ340


価格   ¥43,500 (税込み)