世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

マルニ木工 デルタチェア

_DSC0233
昭和30年代のマルニ木工社製、ブナ材フレームの小振りな椅子です。座面はベージュのファブリックで張替済み。
_DSC0244
長く廃番となっていましたが近年同社にて復刻されています。
_DSC0248
_DSC0238
建築の分野でも用いられる耐久性にも優れた「トラス構造」が採用され、特徴的な3角形の脚により「デルタチェア」とも呼ばれています。
_DSC0255
背もたれの形状や、
_DSC0259
縦材や横貫は緩やかな曲線にカットされ、
_DSC0253
脚も先細りになっており、洗練された印象のフォルムとなっています。
_DSC0261
背もたれから下に伸びる縦の部材を斜めに伸びた後ろ脚で受け止める独特の構造。
_DSC0264
座面後ろ側と縦材との接合部分は最小限に抑えられ、より軽快さを強調しています。
_DSC0251
_DSC0275
座面枠は組継ぎで作られており、量産家具にしては手の込んだ仕事が見られます。
_DSC0257
張り地には、やや濃い色のフレームとコントラストの効いた明るいベージュのファブリックを使用。内部ウレタンも新規に交換済みです。
_DSC0269_edited-1
古い時代のマルニ木工のロゴシールが残っています。
_DSC0297
_DSC0299
_DSC0290
_DSC0283
幾つかの表面的な小キズや、
_DSC0292
座面の接合部に若干の隙間が生じていますが、大きな目立つダメージやぐらつきなどの構造的な問題はありません。
_DSC0242
食堂用の椅子として開発され、多くの人が座れるような横幅にデザインされたとのこと。そのコンパクトさも魅力です。個性的な構造と洗練されたラインで、ジャパニーズモダンの名作と言って差し支えないでしょう。

マルニ木工 デルタチェア

サイズ   幅355、奥行き450、高さ700、座面高さ430
価格   売約済 ありがとうございました。