世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Johannes Andersen チーク材チェア

_DSC0015_0515
1950〜60年に活躍したデンマークのデザイナー、Johannes Andersen(ヨハネス・アンダーセン)の、チーク無垢材フレームのダイニングチェアです。60年代頃のヴィンテージ。
_DSC0025_0525
背もたれの中心に縦材を入れることにより、体のホールド感を失うことなく繊細なシルエットのフレームでも安定した構造となっており、
_DSC0028_0528
背もたれや、
_DSC0033_0533
座面を支える横材のゆるやかな曲線がとても美しく、洗練された印象の椅子です。
_DSC0040_0540
_DSC0038_0538
_DSC0047_0547
_DSC0030_0530
一般的なデンマークのヴィンテージチェアと比べて、背もたれは深い曲線を描いており、包み込まれるような座り心地。
_DSC0049_0549
無垢材を削りだした美しい曲線や、接合部の丁寧な仕上がりから、高い技術力を持つ工房による仕事であることが伺えます。
_DSC0044_0544
座面張り地は織りによる縦縞が上品な、やや紫がかった青色のオリジナルのファブリック。1脚あたり工賃¥6,480+生地代の追加料金で張替えも可能ですので、ご希望の場合はお申し付けください。
_DSC0053_0553
_DSC0054_0554
_DSC0059_0559
_DSC0066_0566
_DSC0069_0569
細かいキズや打ち込みが見られますが、目立つ大きなキズやグラ付きなどはありません。
_DSC0021_0521
ヨハネス・アンダーセンらしい滑らかな曲線が魅力的。デンマークの椅子の中でも滑らかな造形の美しさは特筆ものだと思います。

Johannes Andersen チーク材チェア

サイズ   幅492、奥行き505、高さ773、座面高さ450
価格   ¥47,500 (税込み) 在庫2脚