世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

アメリカ 鉄脚スクールデスク

DSC_0117
アメリカ・ミシガン州で1886年に創業した、American Seating Company(アメリカンシーティングカンパニー)社製のスクールデスクです。50〜60年代頃のヴィンテージ。創立当初は学校家具専門の家具工房でしたが、1906年に社名を変更してからは公共機関の電車やバスの座席なども製造しており、アメリカで公共機関を利用していれば一度は目にしたことのある座席、と言われるほど普及しているようです。
DSC_0104のコピー
フレームはアイアン、天板は化粧板仕上げ。
DSC_0131のコピー
DSC_0133
高さは3段階に調節可能です。アメリカの物作りがまだ元気だった時代の工業製品らしい無骨さが、とても良い雰囲気。
DSC_0111
天板の化粧板にはメープル材のような木目がプリントされています。
DSC_0110
収納部分は天板の裏に直接付けられており、少し色焼けしたサーモンピンクのペイントが絶妙な色あいに。
DSC_0119
脚部分は水色の塗装が仕上げられており、ポップな色使いがスチールの重厚な工業製品感に軽やかに印象を与えています。
DSC_0112
DSC_0113
天板縁のシルバーのモールもこの時代のアメリカ家具を象徴するようなディテールです。
DSC_0120
DSC_0126
高さの固定はこちらのボルトとナットで。
DSC_0127
脚先には4点ともアジャスター付きです。
DSC_0125
引き出し奥に“American Seating Company”の刻印入り。
DSC_0115
DSC_0116
DSC_0128
DSC_0130
DSC_0129
全体に使用感や塗装の傷み、サビが見られますが、ヴィンテージならではの雰囲気になっていると思います。
DSC_0135
スクールデスクにしては奥行きが深く、たっぷりと作業スペースを確保できます。もちろんパソコンデスクにも。味わいのあるオフィス空間、作業スペース作りにいかがでしょうか。

アメリカ 鉄脚スクールデスク

サイズ   幅1,223、奥行き610、高さ575〜735
価格   売約済 ありがとうございました。