世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

桜無垢材×ガラス天板テーブル

DSC_0051のコピー
桜無垢材が使用された、ガラス天板のサイドテーブルです。昭和20〜30年代頃。
DSC_0048
DSC_0052
DSC_0053
ガラス天板がフレームに囲まれておらず、側面が4方向とも閉じておらず下段が縦格子になっている事で、全体的に抜け感があります。
DSC_0054
スリムな先細りの脚も軽快な印象。
DSC_0056
DSC_0064
DSC_0063
DSC_0059
DSC_0058
側板の材に差し込み用の溝が彫られており、金具などではなく構造によって固定されている無駄のないデザイン。
DSC_0062
DSC_0066
脚先も丸く削られており、丁寧な作りです。
DSC_0069
DSC_0068
ガラスに細かいスレが見られ、
DSC_0070
DSC_0072
木部にも小傷や、下段の材に補修跡や表面的なひび割れなどが見られますが、ぐらつきなどの構造的な問題や大きなダメージはありません。
DSC_0050
ちょっとした空間にも置ける小ぶりなサイドテーブル。視線が抜けますので、圧迫感もありません。天板下に表紙のきれいな本や雑誌、植物を置いたりと、ディスプレイも楽しめそうです。

桜無垢材×ガラス天板テーブル

サイズ   幅645、奥行き375、高さ470
価格   売約済 ありがとうございました。