世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

天童木工 “ANTLER” チーク材

DSC_0241
1966年に発表された、坂倉準三建築研究所によるデザインの天童木工社製“ANTLER”チェアです。どちらもシェルはリネンとコットンを織り混ぜたファブリックで張り替え済。
DSC_0222
現行品にはないチーク突き板仕上げの仕様です。
DSC_0230
DSC_0229
名称の通り、鹿の枝角を思わせるフレームの形状が特徴的。アームレスのタイプもありますが、やはりこの椅子はアーム付きの方がより個性が際立ちます。
DSC_0234
DSC_0225
DSC_0237
DSC_0243
DSC_0247
天童木工独自の「コマ入れ成形」と呼ばれる、成形合板に無垢材を埋め込む技術が使用されており、構造的に強度を増し、見た目のポイントにもなっています。
DSC_0246
DSC_0249
座面が乗っている横材は前後共に両端が細く削られ、座面に浮遊感を与えています。
DSC_0242
DSC_0226
ファブリックはイタリア製。さらりとした触り心地の良い質感です。
DSC_0254
DSC_0255
DSC_0251
DSC_0252
DSC_0245
DSC_0250
フレームに細かい傷や打ち込みは見られますが、目立つ大きなキズや構造上の大きなダメージはありません。
DSC_0223
3次元のシェルと有機的なフレームの組み合わせが、時代を経ても色褪せない魅力を放ちます。チーク材と張り地のコントラストもきれい。

天童木工 “ANTLER” チーク材

サイズ   幅578、奥行き610、高さ860、座面高さ420
価格   売約済 ありがとうございました。