世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

メキシコ トナラ焼き花器

_DSC0310
メキシコ第2の都市グアダラハラ近郊のトナラ地方の工芸品、トナラ焼きの花器です。60〜70年代にグアダラハラの南に位置するトラケパケにあるEL PALOMAR(エルパロマール)工房で製作されたもの。
_DSC0313
「PAROMA」はスペイン語で鳩という意味で、エルパロマール工房では鳩がモチーフの可愛らしい作品も多く作られています。
_DSC0316
こちらの花器も鳥がモチーフの絵柄で蝶々も飛び交っており、反対側にはやや印象の異なる柄が描かれています。大きな鳥は親鳥でしょうか。
_DSC0314
側面に描かれているのは植物モチーフの模様。
_DSC0317
_DSC0318
_DSC0319
_DSC0335
_DSC0336
_DSC0329
_DSC0326
濃淡の異なる青い釉薬をメインに、鉄釉によるものと思われる焼けた茶色をアクセントに見事に絵付けされており、素朴ですが繊細な素晴らしい図柄となっています。
_DSC0330
_DSC0320
_DSC0321
_DSC0334
青と茶が絶妙なバランス。
_DSC0347
底裏に「EL PALOMAR」の表記が見られます。
_DSC0342
貫入が入っている箇所がありますが、水漏れなどはありません。欠けている箇所もなく良好な状態です。
_DSC0311
洗練された素朴さと繊細さ、生き生きとした表現が大変素晴らしいメキシコの民藝。色数が抑えらえていますので、インテリアにも取り入れやすいと思います。

メキシコ トナラ焼き花器

サイズ   幅157、奥行き93、高さ420
価格   ¥17,500 (税込み)