世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

昭和初期 5段重ね棚

DSC_0419
ナラ材が使用された昭和初期の重ね棚です。
DSC_0420のコピー
上部2段はフラップ扉の書庫、その下に6杯の引き出しユニット、下段の開き戸棚と最下段のハカマによる、計5段重ね。
DSC_0422のコピー
DSC_0429
DSC_0444
DSC_0434 (1)のコピー
DSC_0445のコピー
DSC_0423
開き戸の内部は棚板のないオープンなスペースとなっており、大きなサイズの本も収納可能です。
DSC_0427
フラップ扉は内部に金属製のレールとガイドローラーが付いており、スムーズに開閉します。
DSC_0426
DSC_0436のコピー
引き出しの1/4円型の木製持ち手は幅広で掴みやすく、少し可愛らしい印象も。
DSC_0425のコピー
DSC_0431
DSC_0433
DSC_0430
木部に細かいキズ、ガラスにもスレが見られます。
DSC_0424
DSC_0435
DSC_0441
引き出し内部のシミや打ち込みキズなども見られますが、構造や使用に関わるような大きなダメージはありません。
DSC_0449
ガラスの透明感、規則正しく並んだ引き出し、開き方の異なる扉の収納スペースなど、見た目にも機能的にも変化に富んだ構成がたいへん魅力的。シミや小キズはありますが全体の状態はこの時代の家具にしては良好です。戦前の洋家具は今後ますます希少になっていくと思います。

昭和初期 5段重ね棚

サイズ   幅875、奥行き338、高さ1,610
価格   ¥135,000 (税込み)