世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Knoll社製 “KEVI” チェア

DSC_0600
デンマークのデザイナー、Jorgen Rasmussen(ヨルゲン・ラスムッセン)により1970年にデザインされ、アメリカKnoll社にて製造されていたモデルの“KEVI”チェアです。
DSC_0602
“KEVI”というと直線的なフレームにプライウッドの背と座、というイメージですが、こちらはファブリック張りクッション付きのプラスチックシェルとキャストアルミフレームという組み合わせ。
DSC_0619
より曲線を強調したフレームデザインとなっています。
DSC_0598
4本脚で、座面を支える構造との共通性が感じられる構成。
DSC_0603
DSC_0608
背もたれを支えるアームは角度と高さが調整可能で、
DSC_0612
背もたれ自体も可動します。
DSC_0613
DSC_0610
張り地は黒のファブリック。やや白っぽくなっており中のウレタンも若干クッション性が損なわれていますが、シミなどはありません。
DSC_0606
DSC_0615
高さの調整も約10cmほど可能です。
DSC_0609
DSC_0617
今ではスタンダードになっているこの相輪のキャスターは、KEVIチェアのために開発されたもの。スムーズに可動します。
DSC_0626
DSC_0629
DSC_0631
プラスチックの縁に細かいアタリがあり、
DSC_0630
DSC_0628
アルミにもスレなどがありますが、目立つ大きなダメージはありません。
DSC_0599
可愛らしさや工業製品っぽさは残しつつ、無塗装のややクールなアルミの素材感とフレームの造形がプライウッドのKEVIチェアとは印象が異なります。比較的中古市場にも出回る数が少ないモデル。小ぶりで機能的なデスクチェアをおさ足しの方におすすめです。張り替えもお気軽にご相談ください。

Knoll社製 “KEVI” チェア

サイズ   幅455、奥行き495、高さ625〜870、座面高さ410〜500
価格   売約済 ありがとうございました。