世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

飛騨産業 曲げ木スポークチェア

_DSC0101
「キツツキ」の愛称で知られる飛騨産業社製、昭和20〜30年代に作られたブナ材フレームのスポークチェアです。座面はウール混のファブリックで張替済み。
_DSC0107
背もたれの笠木から前脚にかけて1本の繋がった曲げ木で見事に表現されており、斜めに伸びた後ろ脚で支える独特なフォルムがとてもきれいです。
_DSC0072
_DSC0079
細身のスポークもモダンで端正な表情。
_DSC0084
_DSC0089
先端を細く削った脚や、
_DSC0081
背の当たりを柔らかにするための笠木形状など、ディテールに対する高い意識が感じられるデザインとなっています。
_DSC0092
_DSC0098
仕上がりが美しく、全体にとても丁寧に作られている印象です。
_DSC0086
_DSC0080
プライウッドが使用された座面下地は人体に合った曲面を描き、良好な座り心地。内部ウレタンも新規交換済みです。
_DSC0094
昭和27年から44年まで使用されていた、古いタイプのキツツキマークが残っています。
_DSC0096
_DSC0095
_DSC0090
_DSC0108
_DSC0085
_DSC0097
_DSC0087
フレームに細かい傷、打ち込みがありますが、目立つダメージやぐらつきなどはありません。
_DSC0076
あまり見かけることのない、希少な飛騨産業社のヴィンテージ・プロダクトです。日本人の体型にあったサイズ感で、座り心地も良好。デザイナーは不明ですが、ジャパニーズモダンらしいなかなかいいデザインだと思います。張替え前の在庫も2脚あり。同金額(m/¥4,000程度の生地使用)で張り地のオーダも承りますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

飛騨産業 曲げ木スポークチェア

サイズ   幅500、奥行き550、高さ800、座面高さ430
価格   ¥23,500 (税込み) 在庫4脚