世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

昭和初期 栗無垢材 ガラス引き戸棚

DSC_0053
引き出し前板に栗の無垢材が使用された、ガラス引き戸棚です。昭和初期の物。
DSC_0054
引き戸内には棚板2枚付き。
DSC_0055
DSC_0058
枠には桜と思われる無垢材が使用されており、はっきりした木目の栗材とは対称的な印象。
DSC_0062
ガラスは内側に大正中期〜昭和初期にかけて使用されていた「結霜ガラス」、外側には大小の小花柄パターンのガラスが使用されています。
DSC_0063
DSC_0064
前板は木目が繋がっており、1枚の板から切り出された物であることがわかります。
DSC_0067
DSC_0056
DSC_0078
DSC_0070
ホゾで組まれた、日本の伝統的な丁寧な作り。
DSC_0066
引出の金具もオリジナルの物が揃っています。
DSC_0057
DSC_0069
DSC_0075
全体的にシミや傷が見られ、
DSC_0083
側板にネジ穴の跡があり、
DSC_0073
DSC_0068
引き戸と引き出しの内部にシミが生じていますが、目立つダメージやぐらつきなどの構造に関わる問題はありません。
DSC_0052
和の印象が強いですが、格子の入り方などからはアールデコ的なモダンさも感じられます。奥行が浅く背も低めですので圧迫感が無く、コンパクトな空間にもおすすめです。

昭和初期 栗無垢材 ガラス引き戸棚

サイズ   幅910、奥行き250、高さ785
価格   売約済 ありがとうございました。