世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

arflex “Omega”チェア オーク材

DSC_0002
イタリアンモダンを代表するメーカーであるarflex社製、フレームにオーク無垢の集積材が使用された、坪井浩尚によるデザインの“Omega”です。座面ファブリックは張り替え済み。
DSC_0006
3次元成型による、背もたれからアーム、やや外側へ開いた脚部へと繋がるフレームの流れは、どの角度から見てもたいへん美しい造形です。
DSC_0007
座面は4本の脚と横向きにのみ固定され、独特の浮遊感も感じられます。
DSC_0008
DSC_0018
背もたれの体に当たる面やアームの肘を置く場所は平に加工され、自然な姿勢で体を預けることができます。
DSC_0023
DSC_0009
DSC_0014
DSC_0025
DSC_0015
DSC_0017
滑らかできれいな木部の仕上がりから、高い技術を持つ工場で作られた製品であることが伺えます。
DSC_0010
DSC_0013
積層材を使用し、両サイドを途中で継ぐことにより効率的な材料取りができるようになっており、コストダウンにつながる構造となっています。
DSC_0021_edited-1
張り地にはモスグリーンや辛子色など、数色の柔らかな色味の太めの糸で織られたファブリックを選びました。ナチュラルなホワイトオークとよく合っていると思います。
DSC_0011
DSC_0012
2脚共ほとんど傷などもなく、とてもきれいな状態です。
DSC_0022
イタリア本国ではなく、arflex Japanにより、日本人デザイナーを起用して日本国内で独自に開発された椅子。近年のarflex Japanの家具にはクラフト寄りのデザインが多いように感じますが、工業製品としてのデザイン性にもしっかり目配りされており、会社プロフィールに見られる「イタリア生まれ、日本育ち」というフレーズにも納得の、イタリアンモダンデザインをベースにしつつ日本の住空間や日本人のセンスに寄り添った、高いクオリティの物作りはさすがといった印象です。
DSC_00041
1脚だけでも空間に存在感を放つ、彫刻作品のような目をひくデザインですが、座り心地にもしっかり配慮されています。ナチュラルで温かみのある色合いですので、お部屋にもすんなり馴染んでくれそうです。

arflex “Omega”チェア オーク材

サイズ   幅555、奥行き490、高さ760、座面高さ460
価格   ¥76,500 (税込み) 在庫2脚