世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

Johannes Andersen チェア

DSC_0109
デンマークUldum Mobelfabrik社が製造を担当した、同国を代表するデザイナーの1人、Johannes Andersen (ヨハネス・アンダーセン)によるデザインのダイニングチェアです。60年代のヴィンテージ。
DSC_0116
フレームはローズウッド無垢材、張り地は黒の合皮で張り替えています。
DSC_0125
赤みの強いローズウッドと黒の合皮のコントラストがきれいで、大人っぽい佇まい。
DSC_0112
背もたれはややハイバック。クッション性のある広い面で背中をしっかりと受け止めてくれます。
DSC_0113
座面内部のウレタンも交換済みです。
DSC_0117
DSC_0119
全体に角に丸みを持たせており、柔らかい印象に。
DSC_0114
DSC_0121
前脚は斜めの接合部をフィンガージョイントで継いでおり、丁寧で強度にも配慮された作りとなっています。
DSC_0115
DSC_0118
横材の曲線的なラインや、
DSC_0122
先細りに削られた脚が優雅で、洗練された雰囲気が漂います。
DSC_0129
DSC_0128
DSC_0127
木部に小キズなどが見られますが、目立つダメージや構造的な問題はありません。
DSC_0110
DSC_0111
比較的安楽性の高い椅子ですので、ダイニングはもちろん、書斎のデスクチェアなどにもおすすめです。

Johannes Andersen チェア

サイズ   幅460、奥行き530、高さ850、座面高さ445
価格   売約済 ありがとうございました。