世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

オーク材 ウィングバックチェア

古い教会で使用されていた、オーク材フレームのウィングバックチェアです。イギリスのアンティークだと思います。張り地は一度張り替えられているようです。
やや後傾した背と、流れるような綺麗な曲線を描くアームが特徴的。
両サイドの羽が頭をしっかり受け止めてくれます。うたた寝しても大丈夫。
座面も広めで、ゆったりとした座り心地。クッショッはコイルスプリング仕様です。
デコラティブな上部と対照的に、シンプルな角脚がイギリスの田園家具らしい素朴さを感じさせます。
アーム先端の下には、“Barley-sugar twist(バーリーシュガーツイスト)”と呼ばれる、17世紀後半からヨーロッパで流行した螺旋状の装飾が見られます。よく見かけるツイストは太さは均一ですが、こちらは上下が細くなっている珍しいデザイン。当然作るのにも高度な技術を要する技法だと思います。
前後の脚をつなぐ材の挽物による装飾も、イギリスのアンティーク家具らしいディテールです。
張り地は優しい色合いの、2色の太めの糸でおられたファブリック。真鍮の鋲留めが椅子の雰囲気によく似合っています。
後ろ脚がL字金具で補強されており、
両サイドに数字が書かれています。
木部の小キズや、
向かって左側のウィング外面に小さなほつれが見られますが、大きなダメージやシミ、汚れなどはなく、全体的に良好な状態です。
ウィングバックチェアではなかなか見かけない、木アームのデザイン。体を預けて、ゆっくりとリラックスしておくつろぎいただけると思います。落ち着いた色味も魅力です。

オーク材 ウィングバックチェア

サイズ   幅730、奥行き930、高さ940、座面高さ400
価格   ¥48,500 (税込み)