世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

飛騨産業 葭原基ブナ材チェア

飛騨産業社製、ブナ材が使用された「ダイニングチェアNo.725」です。座面は新しく張替え済み。1966年から2001年まで生産され続けていたロングセラー商品で、1968年にグッドデザイン賞を受賞しています。
デザインは、飛騨産業社にて社内デザイナーとして“EIGER”など数々の名作椅子を生み出した、葭原基(よしはらもとえ)。
千本格子のような背もたれのデザインが特徴的で、
流れるような美しいラインを描いています。
座面下地はプライウッドで、緩やかに曲げられており良好な座り心地。
先端が小判型になっている笠木や、
随所に見られるディテールへのこだわりに、飛騨産業の技術力の高さと日本らしい美が感じられます。

光と影のコントラストもきれい。
張り地はウール混のファブリック。内部ウレタンも新しいものに交換済みです。
背もたれに細かい打ち込みや脚に小傷がありますが、大きなダメージはなく塗装の艶もきれいです。
ジャパニーズモダンの名作の一つと言えると思います。葭原氏自身は特に「日本」らしさを意識してデザインしたわけではない、と後年語っていますが、やはりにじみ出る「らしさ」みたいなものはあるのでしょう。

飛騨産業 葭原基ブナ材チェア

サイズ   幅465、奥行き570、高さ815、座面高さ425
価格   売約済 ありがとうございました。