世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

昭和初期 ナラ材ガラス開き戸書庫

ナラ材が使用された、古い日本のガラス開き戸書庫です。昭和初期のものでしょう。
内部には棚板1枚付き。
天板、側面含め、ほぼ全ての部分に無垢材が使用されています。
戦前の洋家具らしいクラシカルなディテールが各所に見られます。
下段には引き出し2杯付き。
上部の透かしや、
オリジナルの金物からはアール・デコの影響が窺えます。鍵は付属しませんので、ご了承ください。
向かって左の扉はフランス落としで固定する構造。右側にはキャッチが付いています。
棚受けは珍しい形状の木製。
側面下のカットも個性的です。
天板と側板、
開き戸の材にクラックが生じており、
棚板の反りや、乾燥により生じた背板の空きなどが見られます。
また、内部底板にシミ、
ガラス表面にスレ、
側板下端に欠けが生じていますが、構造的な問題や使用に支障のあるダメージはありません。
和洋折衷的なスタイルによる独特な佇まいが魅力の、戦前の洋家具。現代の目線で見ると、とても贅沢な素材使いです。傷みが目立ちますのでややお安めに出していますが、やはりしっかりとした存在感を放っています。別途料金にて棚板の追加も可能ですので、ご希望の方はご相談ください。

昭和初期 ナラ材ガラス開き戸書庫

サイズ   幅910、奥行き315、高さ1,515
価格   ¥64,500(税込み)