世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Shopping

イタリア ローズウッド材デスク

ローズウッドの突板仕上げの小振りな片袖机です。1950年代のイタリア製。ミラノの建築家・デザイナー、Paolo Buffa的なデザイン性が見て取れます。
逆V字の脚と、エッジ部分を丸く削り突き板をきれいに貼って仕上げたデザインは、同時代のPaolo Buffaの家具に特徴的なディテール。当時のミラノで流行したデザインだったのでしょう。天板後ろ側と引出の底面が斜めにカットされており、よりスリムに、軽やかに、上品に見せる為の工夫がされています。
ガラス天板の下に緑のフェルトが敷かれており、赤みを帯びたローズウッドとのコントラストがきれいです。
天板から少し下がった2段の引出は、前板が緩やかな曲面になっています。楕円形の真鍮の取っ手もたいへん美しいデザイン。
天板の枠と引出底板はマホガニー材でしょう。見えない部分の仕上げにも手を抜かない、高い美意識が感じられます。
この3次曲線に突板をきれいに貼るには、相当高い技術力が必要とされた事と思います。
天板枠に欠け、
傷が見られ、
ガラスの下面に欠けが生じています。
全体的に細かい傷や打ち込み、
引き出し前板に補修跡が見られますが、目立つダメージや構造的な問題はありません。
日本ではほとんど紹介された事がない、希少な机。高い技術力とイタリアならではの優雅さによるデザインが素晴らしいと思います。

イタリア ローズウッド材デスク

サイズ   幅910、奥行き470、高さ690
価格   ¥165,000 (税込み)