世界のモダンデザインと民芸 日本人の買い物の軌跡
Modern design and Folk art of the world.

Blog

写真 2019-03-13 19 27 03

フィンランドARABIA社製Paju(パユ)シリーズの大皿が入荷しました。70年代のヴィンテージ。
(さらに…)

_DSC0247_0870
イタリアTENDENTSE社、80年代のプレートが2種類入荷です。
 
_DSC0257_0880
イタリアのポストモダンデザインの重要人物であるエットレ・ソットサスデザインの作品も製作していたメーカーで、ALESSIとも関係があったようです。

(さらに…)

写真 2019-03-09 14 49 23 (2)

Henri Matisse(アンリ・マティス)のリトグラフポスターが入荷しました。

(さらに…)

_DSC0008_0262

山口木材工芸製、チーク材のサイドテーブルが入荷しました。1天童木工からもいくつかの家具を発表している松村勝男による1963年のデザインで、グッドデザイン賞も獲得しています。

(さらに…)

写真 2019-03-02 16 04 32 (1)

ナラの無垢材が使用された小引き出しが入荷しています。昭和20〜30年代。

(さらに…)

kokuchi_fix

3月15日(金)– 3月17日(日)

OPEN 12:00 CLOSE  18:30

 

会場:room 103 国立市北2-13-48 ワコーレ国立103

お問い合わせ:042-577-3452(LET ‘EM IN)

 

すっかり毎年恒例になったガレージセール、今年は3月に開催します。

いつものように、半端になってしまったもの、お店に出すにはちょっとアレだけど捨てるのももったいないというものなど、倉庫に溜まってしまったアレやコレやを格安にて放出します。

 

それに加え、今年は最終日に“(SUPER) FREE!! MARKET”と題したフリーマーケットも同会場で行います。

昨年リニューアルして古い絵を中心に取り扱うお店となったご近所の「コレノナ」は、改装前の古道具屋として1日限定復活!

そしてレットエムインスタッフ、元スタッフは個人的なコレクションを出すとか出さないとか…。

 

イベントにはモゴの韓国ごはんとPOCO SEJANのお菓子、ドリンク(全てテイクアウトも可)も並びます。

 

日用品から家具、雑貨まで、出店者が思い思いにSUPER FREE!!な品揃えを展開するこの日だけの特別なイベントへ是非お越し下さい。

 
「(SUPER) FREE!! MARKET」
【出店者】

corenona http://corenona0.ocnk.net/
KAITING LIN http://wakuseispace.com
小さい台所(ao)
Jumboldin

モゴ

DJ BEAR

wan instagram@wanwanwonderland

 

【FOOD】

モゴ(韓国ごはん) instagram@pegopap

POCO SEJAN(お菓子とお飲みもの)

 

Illustration : 松尾勘太

Design : wan

写真 2019-02-28 12 51 18 (1)

あまり見かけない南米チリの民芸品、陶器の鳥が二羽揃って入荷しました。J.Corralというサインが見られますが、作家についての詳細は不明です。

(さらに…)

_DSC0029_0024_edited-1

人気の天童木工社製アーム付き鉄脚キャスターチェアが再入荷です。60〜80年代にかけて生産されていたモデルで、現在は廃番になっています。
(さらに…)

_DSC0070

デンマーク、1835年に創業したSoholm窯の陶板を3点shoppingページでご紹介しています。70年代頃のヴィンテージ。

(さらに…)

写真 2019-02-23 14 48 46

白をベースに黒と茶がアクセントになっている、モザイクタイル天板の木製サイドテーブルが入荷しました。
(さらに…)

ごあいさつ

2019.02.24

DSC00666

こんにちは!

 

2015年から古道具レットエムインにて勤めさせて頂いた、林 凱婷(リン カイティン)です。

挨拶が遅くなりましたが、この度2018年の年末を持ちまして退職いたしました。

 

在職中はお客様に大変お世話になり、同僚や同業の方々にも温かくお力添え頂いたおかげで

私なりに充実した時間を過ごすことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

2015年に入社して以来はレットエムインの物選びに関してのオープンな態度や仕事への姿勢を始め、

オーナーの原さんの物事に対しての幅広い好奇心や偏らない価値観からも大変勉強させて頂きました。

 

店頭に立ってのお客様との交流、商品撮影や紹介及び仕入れ作業による物を見る目磨き方、

チームワークで学んだことを含め、最後の一年間は店長として店舗業務を全般的に関わらせて

頂いたことも、成長の糧になる貴重な経験でした。

 

今年の3月末に台湾へ帰国する予定ですが、日本で得た体験を生かしてこれからの活動に

励みたいと思います。

 

8年弱日本で暮らした間に優しくしてくださった方々や、この4年を過ごした大好きな国立を離れることは

とても寂しいですが、大切なご縁が繋がり続けるよう、今後ともよろしくお願いいたします。

 

ぜひ台湾でもお会いしましょう!

 

追伸:

3月6日より11日まで古道具レットエムインが運営されているギャラリースペース、

room 103にて個展を開催いたします。

是非足をお運びください。お待ちしております!

展示詳細:http://room103.letemin.jp/blog/190306/

 

林 凱婷

 

写真 2019-02-21 11 20 00

チーク材フレームの壁掛けミラーが入荷です。70年代頃の日本製。

(さらに…)

新入荷商品

2019.02.18

DzpnyPwV4AAfBQL

いい天気になりましたね。本日もご来店お待ちしております。

80年代ローゼンタールBarbara Brennerデザインのティーポット(売約済み)

(さらに…)

PROVOKE“WDM_190131

PROVOKE“WDM_190131

「二手舎リーディングルーム・フォー・プロヴォーク」

2019年2月16日(土)- 3月10(日)12:00〜20:00 at POST

 

古書店・二手舎が企画する昨年11月に刊行した「プロヴォーク復刻版」に関連する恵比寿POSTでの展示に、当店は空間演出で家具を提供しております。

 

「プロヴォーク」は、1968年11月に美術評論家の多木浩二と写真家の中平卓馬によって発案され、そこに詩人の岡田隆彦と写真家の高梨豊が加わり創刊された同人誌。第二号からは写真家・森山大道もメンバーとして参加し、第三号まで発行されました。写真界に大きなインパクトを与え、その影響力は年を追うごとに増していると言っても過言ではありません。

 

しかし発行部数が少なかった為、現在では古本の価格が高騰しており、一般の人々にとっては手に取る事さえ難しい本となっていまいました。そんな現状を打破するべく、昨年二手舎により、オリジナルの紙質、印刷、サイズを可能な限り忠実に再現し、再び多くの人が手にする事ができる形に復刊されました。

 

今回の展示ではその復刻版「プロヴォーク」はもちろん、メイキング映像の上映、オリジナルの一部や関わった作家たちの資料や他の作品も同時に並び、「読書室」をイメージした空間で、あらためて「プロヴォーク」とは何なのかをじっくり考える事ができる機会となっています。

 

ある意味歴史的な意義を持つ今回の復刊、空間と同時に、立体的に体感いただけたらと思います。

ぜひ脚をお運び下さい。

 

会場:POST 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3  毎週月曜日定休

企画:二手舎 協力:古道具 LET ‘EM IN

写真 2019-02-15 15 39 40

カンディハウスのルントオムチェアをご紹介します。発表以来45年以上販売し続けられている人気のシリーズです。デザインはスウェーデンのデザイナー、Sture Eng。
(さらに…)

< Prev